マンボウ肝油で血サラサラ

食の西洋化が進み、現代の邦人は高脂質、高コレステロールによっておこる動脈硬直や高血圧においておこるタフ危機に悩まされている。
これらはいわゆる血ドロドロの状態でおこる病魔について、動脈硬直や高血圧が進行すると脳卒中や心筋梗塞などの命に関わる病魔のリスクも高まってしまう。
血どろんこを改善するには食べ物の修正が大切になります。
血をサラサラにするごちそうのリーダーといえば、サバやアジなどの青魚ですが、これらを毎日召し上がるのは困難です。
そこで取り入れたいのがマンボウ肝油が配合された栄養剤、マンボウサンQです。
マンボウには血サラサラ根底ですDHA・EPAに加え、上記よりも一層高い効果があるDPAが豊富に含まれています。
DPAはドコサペンタエン酸とすばらしいアザラシなどにもある不満杯脂肪酸で、血管破壊修復効き目、血小板凝集支配効き目に加え、中性脂肪やコレステロール退廃効き目を持つことから動脈硬直防止に大きい効果があるとされています。
その効果はEPAの50〜100ダブルと言われています。
このDPAは青魚には概ね含まれていない結果、ふだんの身辺では実に摂取することができない根底と言えるでしょう。
しかしマンボウの漁獲量は非常に小さく、マンボウ肝油は非常に大切です。
その貴重なマンボウ肝油を配合したマンボウサンQは、今までのDHA・EPAが配合された栄養剤より高い効果が期待できるでしょう。こちら