葉酸の種類について

妊活中間や受胎中間、産後まで
母体とベイビーのボディにとって重要に上る栄養分が、葉酸です。

「愛され葉酸」は、一日に必要な葉酸本数400μgの葉酸の他
母体とベイビーのボディに必要な栄養分をどっさり詰め込んだ葉酸栄養剤です。

葉酸は、ポリグルタミン酸とカタチグルタミン酸の2タイプに分かれてある。
この2つの最も大きな違いは体内への体得百分比です。

ポリグルタミン酸の場合、用量の半数しか体内に体得されませんが
カタチグルタミン酸なら、摂取した全量を体内に吸収する事ができます。

「愛され葉酸」はカタチグルタミン酸による栄養剤ですので、
ニーズ用量をたっぷり加える事が出来ます。

また、葉酸だけではなく他にも色々な原材料が配合されています。
代表的なものを挙げると、繰り延べ補充を行う事で全身から頑強をサポートする
クリスパタス細菌です。

クリスパタス細菌はヤツ由来の乳酸菌の一種で、ベイビーの腹部から発見されました。
かつてヤツのボディにおける乳酸菌ですので、ボディにいとも手厚い原材料です。

それに加えて、受胎中間の母体に良いとされているDHAを手広く含んだ
藻から出来たオイル粉末や、不足しがちなカルシウムやビタミンなどが
バランスよく配合されています。

これらの栄養分を個々で摂取しようとすると大変ですが
「愛され葉酸」は毎日3粒で補充できます。
受胎中間は粒が大きな栄養剤は巻き込むのに苦労する場合がありますが、
「愛され葉酸」は1粒6mmと小粒なので安心です。参考サイト